島根県松江市・出雲市のリフォーム、新築、外構工事ならマツケン

0120-931-194
LIXILリフォームショップマツケンESTINA 松江・出雲リノベ不動産|MATSUKENfacebookinstagrammailto:info@matsuken-home.jp
ホームお知らせ施工事例会社案内ブログお問合わせ
トップ > ブログ

ブログ


夏の住まいの快適生活~住まいのお困りごと 原因編~
2020-05-17

日によって40度を超える地域もあるほど、日本の夏は暑くなっています。平均気温も100年前と比べて1.1度上昇していると言われています(気象庁データ)。そんな厳しい夏の暑さは、家の中にいても不快に感じることがあります。冷房のつけっぱなしで体調を崩したり、光熱費が高くなったり…。夜も暑さで寝つけず、いつも寝不足に…。そんな中、夏の住まいでみんなが困っているのはどんなことか調査、ランキングにまとめてみました。


■夏の住まいのお困りごとランキング TOP5

〇1位  『冷房が効きづらい・・・光熱費が・・・』
〇2位  『日差しで部屋が暑い・・・夏バテ気味に・・・』
〇3位  『風通しが悪くてムシムシ・・・』
〇4位  『窓が開けられず熱帯夜で眠れない・・・』
〇5位  『家にいても紫外線で日焼け・・・』


■夏、命に関わる熱中症にご用心!実は熱中症は住居で多く起きています
夏にニュースで耳にすることの多い熱中症。救急搬送される人の数は全国で約7万1千人(消防庁2019年5月~9月)。実はそのうち約4割は住居で発生しています。特に体温調節機能が十分に発達していない小さな子どもや、温度に対する感覚が弱くなる高齢の方は熱中症にかかりやすいため、注意が必要です。


■家の中が暑くなるのは住まいに3つの原因が!?

●原因1  『窓・ドアから外気の熱が流入』
住宅の中で最も熱の出入りが大きい場所は、窓・ドアなどの開口部。全体の73%の熱が窓やドアから入ってきており、この熱が室内の温度を上昇させるほか、室内熱中症の原因になります。夏の暑さ対策は窓やドアから入ってくる熱を遮断することが大切です。また体が実際に感じる体感温度と室温は違うため、外からの熱の影響を少なくする断熱対策も重要です。

●原因2  『風通しが悪いと部屋がムシムシ』
部屋の暑さの原因のひとつが、風通しの悪さ。風通しが悪いと室温が上がりやすく、空気も循環しづらいので、ムシムシして不快指数もアップ。そんなときにうちわであおいだり、扇風機に当たったりすると涼しくなりますね。秒速1mの風が吹き抜ければ、体感温度は1℃下がります。風が部屋の中を自然に流れていくような工夫が大切です。

●原因3  『断熱性が低いと冷房効率ダウン』
真夏日が続くような季節は、冷房もフル稼働。でも、いくらつけても効きが悪くて室温が下がらないこともありますね。直射日光が当たっている窓ガラスに内側から手を当ててみてください。手のひらに熱を感じるならば、窓ガラスの遮熱、断熱効果が低い証。内窓をつけたり、窓ガラスの交換で解決できることもあります。冷房も効くようになり、光熱費も大助かりです。


■お悩みの原因は窓なんです!
住宅の中で最も熱の出入りの割合が大きい場所は、窓・ドアなどの開口部で、全体の7割以上を占めています。だから、家の中を快適な温度に保つために、窓・玄関まわりのリフォームが非常に重要なのです。

〇窓リフォームで健康でエコな暮らしに。
・室温の上昇を抑えて快適に、また熱中症の予防にも。
・冷房を使う時間を減らして体調管理。
・太陽光の紫外線をカットし日焼け防止。
・日差しを遮り冷房なしでも過ごしやすく。
・断熱性が高いと冷房がよく効き経済的。
・冷房を消しても朝まで涼しさキープ。

今の家で長く健康・快適に暮らしてくためには窓をリフォームすることも大切です!

LIXILリフォームショップ・マツケンESTINA 松江・出雲リノベ不動産|MATSUKEN
ホーム | お知らせ | 施工事例 | 会社案内 | ブログ | お問合わせ | リンク | プライバシーポリシー

有限会社 マツケン 〒690-0823 島根県松江市西川津町3186 TEL:0852-61-1128 FAX:0852-61-1127

先頭へ

住まいの無料相談