島根県松江市・出雲市のリフォーム、新築、外構工事ならマツケン

0120-931-194
LIXILリフォームショップマツケンESTINA 松江・出雲リノベ不動産|MATSUKENfacebookinstagrammailto:info@matsuken-home.jp
ホームお知らせ施工事例会社案内ブログお問合わせ
トップ > ブログ

ブログ


【整理収納のお話】36~一緒に使うモノをまとめる~
2019-06-07

こんにちは。
整理収納アドバイザーの出雲店ショールームスタッフです。

生ゴミを溜める方はいないと思いますが、新聞やダンボールとなるとついつい溜め込んでしまう方も多いのではないでしょうか?そこで、自分の中で捨てるタイミングのルールを作っておくと、家がゴミであふれるようなことにはなりません。

我が家は、新聞のストッカーがいっぱいになったら資源ゴミを捨てるタイミングにしています。新聞のほかにも雑誌、雑紙、ダンボール、ペットボトル、空き缶、これらをまとめていっぺんに捨てます。幸い、出雲市内には24時間開設している民間のリサイクルステーションがいたる所にあり、気軽にいつでも出せるので本当に助かっています。

新聞を捨てる時、束ねるためにヒモやハサミを使いますね。束ねる度、ヒモはあっちから―、ハサミはこっちから―、使ったら元の場所に戻す必要もあります。地味に面倒ですよね!


そこで!一緒に使うモノは使う場所の近くにまとめて置いておく。


この場合、ヒモとハサミをカゴや空き箱に入れ、新聞ストッカーの横に置いておきます。これでスムーズに作業ができるようになります。
一緒に使うモノをまとめることを「グルーピング」と言います。グルーピングしたモノは、基本その目的のためだけに使い、崩しません。モノが増える可能性があるので、何でもかんでもグルーピングするのではなく、本当にその効果が得られるモノだけに限定します。

例えば・・・
家計簿セット・・・家計簿、鉛筆、消しゴム、電卓
洋朝食セット・・・バター・ジャムなどをカゴにいれて冷蔵庫へ
コーヒーセット・・・コーヒー・コーヒーフィルター・ミルクパウダー・砂糖
葬祭セット・・・不祝儀袋・薄墨用筆ペン・ふくさ
アイロンセット・・・アイロン・スプレー・アイロン台

資源ごみをヒモで束ね、捨てる準備ができました。
ここが肝心!いつか捨てるから・・・と、とりあえず押入れや倉庫へ―ではなく、即、車に積んでしまいましょう。出かけたついでに、リサイクルステーションへ。リサイクルステーションを設置しているスーパーもあるので、そこを利用するのもいいですね。

↓ヒモ、ハサミ、ガムテープを空き箱に入れ、押入れの新聞ストッカーの横にスタンバイ↓

LIXILリフォームショップ・マツケンESTINA 松江・出雲リノベ不動産|MATSUKEN
ホーム | お知らせ | 施工事例 | 会社案内 | ブログ | お問合わせ | リンク | プライバシーポリシー

有限会社 マツケン 〒690-0823 島根県松江市西川津町3186 TEL:0852-61-1128 FAX:0852-61-1127

先頭へ

住まいの無料相談