島根県松江市・出雲市のリフォーム、新築、外構工事ならマツケン

0120-931-194
LIXILリフォームショップマツケンESTINA 松江・出雲リノベ不動産|MATSUKENfacebookinstagrammailto:info@matsuken-home.jp
ホームお知らせ施工事例会社案内ブログお問合わせ
トップ > ブログ

ブログ


なぜ起きる?住まいの困りごと
2019-05-23

家の中が暑くなるのは住まいに3つの原因が!?

〇原因1 「窓・ドアから外気の熱が流入」
住宅の中で最も熱の出入りが大きい場所は、窓・ドアなどの開口部。全体の73%の熱が窓やドアから入ってきており、この熱が室内の温度を上昇させるほか、室内熱中症の原因にもなります。夏の暑さ対策は窓やドアから入ってくる熱を遮断することが大切です。
また、室温と体感温度は違います。配管温度とは体が実際に感じる温度。例えば、室温が26℃で、暑い夏の日差しであたためられた壁面、天井、床などの表面温度が32℃の場合、実際に感じられる体感温度は29℃。外からの熱の影響を少なくする断熱対策も重要です。

〇原因2 「風通しが悪いと部屋がムシムシ」
部屋の暑さの原因のひとつが、風通しの悪さ。風通しが悪いと室温が上がりづらいので、ムシムシして不快指数もアップ。そんなときにうちわであおいだり、扇風機に当たったりすると涼しくなりますね。秒速1mの風が吹き抜ければ、体感温度は1℃下がります。風が部屋の中を自然に流れていくような工夫が大切です。

〇原因3 「断熱性が低いと冷房効率ダウン」
真夏日が続くような季節は、冷房もフル稼働。でも、いくらつけても効きが悪くて室温が下がらないこともありますね。直射日光が当たっている窓ガラスに内側から手を当ててみてください。手のひらに熱を感じるならば、窓ガラスの遮熱、断熱効果が低い証。内窓をつけたり、窓ガラスの交換で解決できることもあります。冷房も効くようになり、光熱費も大助かりです。

次回はこれらの悩みを解決し、健康でエコな暮らしをご紹介します。

LIXILリフォームショップ・マツケンESTINA 松江・出雲リノベ不動産|MATSUKEN
ホーム | お知らせ | 施工事例 | 会社案内 | ブログ | お問合わせ | リンク | プライバシーポリシー

有限会社 マツケン 〒690-0823 島根県松江市西川津町3186 TEL:0852-61-1128 FAX:0852-61-1127

先頭へ

住まいの無料相談