島根県松江市・出雲市のリフォーム、新築、外構工事ならマツケン

0120-931-194
LIXILリフォームショップマツケンESTINA 松江・出雲リノベ不動産|MATSUKENfacebookinstagrammailto:info@matsuken-home.jp
ホームお知らせ施工事例会社案内ブログお問合わせ
トップ > ブログ

ブログ


【整理収納のお話】36~一緒に使うモノをまとめる~
2019-06-07

こんにちは。
整理収納アドバイザーの出雲店ショールームスタッフです。

生ゴミを溜める方はいないと思いますが、新聞やダンボールとなるとついつい溜め込んでしまう方も多いのではないでしょうか?そこで、自分の中で捨てるタイミングのルールを作っておくと、家がゴミであふれるようなことにはなりません。

我が家は、新聞のストッカーがいっぱいになったら資源ゴミを捨てるタイミングにしています。新聞のほかにも雑誌、雑紙、ダンボール、ペットボトル、空き缶、これらをまとめていっぺんに捨てます。幸い、出雲市内には24時間開設している民間のリサイクルステーションがいたる所にあり、気軽にいつでも出せるので本当に助かっています。

新聞を捨てる時、束ねるためにヒモやハサミを使いますね。束ねる度、ヒモはあっちから―、ハサミはこっちから―、使ったら元の場所に戻す必要もあります。地味に面倒ですよね!


そこで!一緒に使うモノは使う場所の近くにまとめて置いておく。


この場合、ヒモとハサミをカゴや空き箱に入れ、新聞ストッカーの横に置いておきます。これでスムーズに作業ができるようになります。
一緒に使うモノをまとめることを「グルーピング」と言います。グルーピングしたモノは、基本その目的のためだけに使い、崩しません。モノが増える可能性があるので、何でもかんでもグルーピングするのではなく、本当にその効果が得られるモノだけに限定します。

例えば・・・
家計簿セット・・・家計簿、鉛筆、消しゴム、電卓
洋朝食セット・・・バター・ジャムなどをカゴにいれて冷蔵庫へ
コーヒーセット・・・コーヒー・コーヒーフィルター・ミルクパウダー・砂糖
葬祭セット・・・不祝儀袋・薄墨用筆ペン・ふくさ
アイロンセット・・・アイロン・スプレー・アイロン台

資源ごみをヒモで束ね、捨てる準備ができました。
ここが肝心!いつか捨てるから・・・と、とりあえず押入れや倉庫へ―ではなく、即、車に積んでしまいましょう。出かけたついでに、リサイクルステーションへ。リサイクルステーションを設置しているスーパーもあるので、そこを利用するのもいいですね。

↓ヒモ、ハサミ、ガムテープを空き箱に入れ、押入れの新聞ストッカーの横にスタンバイ↓

【整理収納のお話】35~よく使うモノを使いやすいところに!~
2019-05-17

収納とは使っていないモノをしまいこむことではなく、使っているモノを使いやすく収めることでしたね(整理収納のお話⑫)。

【よく使うモノは使いやすいところに!】

■使いやすいところとは?
①かがんだり、背伸びをしたりせずに取り出せること(腰高~目の高さくらい)
②アクション(動作)数が少ないこと
例)引き出しを開けて、箱を出して、ふたをとって(3アクション)=アクション数が多すぎると面倒だからついつい元に戻さず出しっ放し。

■使用頻度別収納
使用頻度によって優先順位を決め、モノの定位置を作ること
使用頻度1・・・毎日使っているモノ
使用頻度2・・・2~3日に1回使うモノ
使用頻度3・・・1週間に1回使うモノ
使用頻度4・・・月に1回使うモノ
使用頻度5・・・年に1回使うモノ

使用頻度1~3のモノを、1等地に収納するのがコツです。よく使うモノが使いやすいところにあるだけで劇的に使い勝手がよくなります。
使いやすいところにほとんど使っていないモノがあるのはもったいないですよ。

【整理収納のお話】34~引出し収納の鉄則~
2019-04-23

こんにちは。
整理収納アドバイザーの出雲店ショールームスタッフです。

前回の【整理収納のお話】33は、ペン立てから引出し収納に変更し、使い勝手が良くなったというお話でした。

なぜ引出しに収納すると使いやすくなったのでしょうか?
①利き手の近くにあってすぐに取り出せること
②引き出しが上から見下ろす位置にあること
③収納しているモノが重なっていないこと
などが挙げられます。

中でも、②見下ろす位置というのはとても大切です。
見下ろす位置にない引出しは、何が入っているか分からない上、取り出しにくく、とても使いづらいんです。

実は、我が家にもあるんです。目線より上にある引出し。。。
高さ180センチ、引出し9段もある整理タンスです。
上段の引出しにはオフシーズンの服を、下段にはオンシーズンの服を入れよう。季節ごとに引出しを入れ替えすれば、中身が見えなくても問題なし!たくさん入るし、衣替えの手間も省けるわー!と考えて購入したのですが・・・。

とにかく、入れ替えが面倒くさい。

服が入っていると引出し1段でも結構重いんですよね。何かに登った状態で上段の引出しを取り出すことはとても不安定。結局、今も上2~3段は使わないままです。これは整理収納アドバイザーになる前の失敗談です(笑)。

引出しは目線より下に!ぜひ、この鉄則覚えておいてくださいね!

LIXILリフォームショップ・マツケンESTINA 松江・出雲リノベ不動産|MATSUKEN
ホーム | お知らせ | 施工事例 | 会社案内 | ブログ | お問合わせ | リンク | プライバシーポリシー

有限会社 マツケン 〒690-0823 島根県松江市西川津町3186 TEL:0852-61-1128 FAX:0852-61-1127

先頭へ

住まいの無料相談