島根県松江市・出雲市のリフォーム、新築、外構工事ならマツケン

0120-931-194
LIXILリフォームショップマツケンESTINA 松江・出雲リノベ不動産|MATSUKENfacebookinstagrammailto:info@matsuken-home.jp
ホームお知らせ施工事例会社案内ブログお問合わせ
トップ > ブログ

ブログ


【LIXILのものづくり】高血圧を予防することでバスタイムも快適に
2019-09-21

リフォームで住まいの寒さ対策を考えてみませんか?
冬になると、家の中にいるのに寒さを感じたり、足元が冷えたりすることはありませんか?かといって暖房をかけてもあまり暖まらない・・・・・。そうすると朝布団から出たくなくなるし、服を脱ぐのもおっくうになって、夜お風呂に入るのもつらい・・・・・。古い家に住んでいること、こんな悩みを感じる方も多いはずです。そんなときは、窓まわりや玄関ドアをリフォームすると、解決できます。しっかり寒さ対策をして、理想のあったか快適生活を手に入れましょう!

【浴室・脱衣所】
日本人の3人に1人は「高血圧」なのだとか。血圧が高い状態をそのままにしておくと、ご存じのとおり脳や腎臓、心臓などに負担がかかり病気・障害の原因に。高血圧を予防するためには、生活習慣の改善などとともに、室内の温度管理も重要と言われています。高齢になるほど、室温低下による血圧上昇が大きくなると言われているそうです。

■“あったかい家”にしたら、血圧が下がった!
夏と冬の気候の差が大きい日本では、季節ごとの気温の変化により血圧にも影響がありますので、特に高血圧の人は注意が必要です。断熱性の高い住まいと、低い住まいでの血圧の変化を比較したところ、断熱は食生活の改善や運動による予防と同じくらい血圧の低下がみられました。

■危険なヒートショックは、血圧の乱高下が原因
ヒートショックとは、暖かい部屋と寒い部屋との温度差による急激な血圧変動が原因で、心筋梗塞や脳卒中などを起こす健康リスクのこと。ヒートショックに関連した入浴中の死亡は年間約1.9万人、なんと交通事故死亡者数の約5倍!それも高齢者が大多数を占めています。
室内の温熱環境による健康リスクについて、考えたことがありますか?断熱性の低い家で暮らすと、「部屋間の温度差によるヒートショック」「室温が18℃未満では血圧上昇、循環器系疾患の恐れ」「16℃未満になると肺炎のリスクが高まる」など、健康・安全面で注意が必要です。

【LIXILのものづくり】夜中の、トイレの回数が減ると快眠で目覚めも爽やか
2019-09-19

リフォームで住まいの寒さ対策を考えてみませんか?
冬になると、家の中にいるのに寒さを感じたり、足元が冷えたりすることはありませんか?かといって暖房をかけてもあまり暖まらない・・・・・。そうすると朝布団から出たくなくなるし、服を脱ぐのもおっくうになって、夜お風呂に入るのもつらい・・・・・。古い家に住んでいること、こんな悩みを感じる方も多いはずです。そんなときは、窓まわりや玄関ドアをリフォームすると、解決できます。しっかり寒さ対策をして、理想のあったか快適生活を手に入れましょう!

【寝室】

「トイレが近い、夜中に何度もトイレに起きる」そんな「夜間頻尿」は「過活動膀胱」の症状の一つ。国内の40歳以上の男女の8人に1人が過活動膀胱の症状をもつと言われています。過活動膀胱の改善は「睡眠の質の向上」にもつながると考えられています。
夜間頻尿が改善されると、寒いトイレで起きやすいヒートショックの予防にもなります。

■“あったかい家”にしたら夜間頻尿などの過活動膀胱の症状割合が半分に!

就寝前の室温が寒い住宅(12℃未満)では、あたたかい住宅(18℃以上)に比べ「夜間頻尿」などの「過活動膀胱」の症状の割合が1.6倍と高くなることがわかっています。そこで、断熱性の高い住まいへリフォームすることで、どのくらい差がでるのか分析したところ、過活動膀胱の症状有無が1/2に軽減しました。

【LIXILのものづくり】冬でもアクティブは、ずっと健康に過ごす秘訣
2019-09-16

まだまだ残暑が厳しいですが、9月ももう折り返し地点。気づけば今年もあと約3ヶ月。すぐに寒い季節がやってきます。
そこで、冬を健康・快適に過ごせる“あったかい家”についてお話します。

【リビング・ダイニング】
寒いと、つい暖房の効いた場所から動きたくなくなってしまう…なんてことはありませんか?年齢を重ねるとますます運動する機会も減ってしまいがち。厚生労働省は、糖尿病・循環器疾患等の予防の観点から、「今より10分多く体を動かそう」をメッセージとした活動を推奨しています。
家の中でもアクティブに動くことは、生活習慣病の発症の軽減や認知症等のリスクを下げることにつながるそうです。

■“あったかい家”にしたら、室内活動時間が増加!
断熱リフォーム(または非改修の)前後2回の調査データを用いて分析した結果、断熱リフォームによって居間や脱衣所の室温が上昇し、暖房が不要となった場合などに、1日平均の住宅内軽強度以上の活動時間が男女共それぞれ増加したことがわかりました。

LIXILリフォームショップ・マツケンESTINA 松江・出雲リノベ不動産|MATSUKEN
ホーム | お知らせ | 施工事例 | 会社案内 | ブログ | お問合わせ | リンク | プライバシーポリシー

有限会社 マツケン 〒690-0823 島根県松江市西川津町3186 TEL:0852-61-1128 FAX:0852-61-1127

先頭へ

住まいの無料相談