島根県松江市・出雲市のリフォーム、新築、外構工事ならマツケン

0120-931-194
LIXILリフォームショップマツケンESTINA 松江・出雲リノベ不動産|MATSUKENfacebookinstagrammailto:info@matsuken-home.jp
ホームお知らせ施工事例会社案内ブログお問合わせ
トップ > ブログ

ブログ


【コラム】理想の家の伝え方~大事なこと~
2017-02-28

こんにちは、家の設計の希望を相談する際1番大事なことは何だと思いますか?

答えは“直接会って話し合うことです”当たり前のようですが、これが最も重要なことなのです。それは、依頼者にとっても設計士でも同じことで、納得がいくものづくりには話し合いが重要なのです。すこしでも、納得されないようなら設計を練り直す必要性があるのでそのためにも直接あって話し合うことは重要なのです。

また、やはり依頼者側は建築に関しての知識がなかったり、は情報不足で思い描くことが伝わらなかったりします。設計士側としても専門用語でしたりわかりやすく説明させて頂く機会にもなります。そうして、お話していく内に「こんなこともできるのか!」となっていただければ幸いです。このように依頼者の希望を聞くヒアリングなどのお話の時間は大切な時間なのです。

新築住宅のように一から家をデザイン、設計していくことは人生において多くの人がはじめてで最後の経験ですので、初めは上手くいかないのが当然です。なので、時間はかかりますが、遠慮せず希望をあげて頂く方が、設計士としても依頼者の希望沿ったプランをあげやすくもなります。大変ですが、学びながら楽しんでいただければ充実した家つくりになるでしょう。

【コラム】理想の家の伝え方~視覚的効果って?~
2017-02-26

さて、今回も引き続き、家の設計において希望を話す際の伝え方です。

今回ご紹介するのは「写真」または「絵」を活用することです!

あっさりすぎて、あまり気に留められないかもしれませんが「自分の想像と違った!」なんてならないためにも、利用できるものは全て利用していきましょう。

美容院と同じで「この髪型にしてください!」と写真をみせて切ってもらった方が希望通りになることや、自分の理想と違うものになるなら美容師はあらかじめ伝えてくださいますよね?これと同様にビジョンの食い違いを避けるためにも視覚的に共有できるものがあると伝わりやすさが全然違います!

視覚はとても重要で、話して「きちんと伝わったのか?」と不安になる方も多いですが、写真などを利用するとより良い理解に繋げられます。
もちろん、設計士も同じでそのために、多くのサンプルや資料を利用しながら説明し、他にも模型を作る場合もございます。これと同じ法則で、是非良いなと思った資料は難しく考えずに集めておくといいですよ!

言葉だけでは、やはり伝わらない部分が大きいのがデザインというものです。選択肢が多い方が間違った方向に進まないためのストッパー役ですので、是非活用してください!

【最新住宅設備機器のご紹介】⑦~パッとリフォーム「窓」編~
2017-02-25

家の中で熱の出入りが最も大きい「窓」の断熱性能をあげることは、家の断熱性能をグンとあげることにつながります。

特に単板ガラス窓のお宅は、ダイレクトに外気温が伝わるため厳しい寒さ、ファンヒーターなどの燃焼系暖房器具を使用するとまるで滝のような結露、そして結露が原因のカビ、音漏れ・騒音等でお悩みの方も多いのではないでしょうか。

そこで、オススメしたいのは既存の窓の内側にもう一つ窓をプラスするだけ!「インプラス」です。窓をわざわざ取り替えるのは時間も費用もかかりますが、「インプラス」なら1窓1時間のスピード施工、既存窓の撤去費用等も不要です。2重サッシにすることで、空気層が生まれ、暑い、寒い、騒音、結露、カビ等不快な問題点をスッキリ解決します。

「インプラス」は、引違い窓、開き窓、FIX窓(開かない窓のこと)、浴室用窓、テラス窓に対応し、それぞれ単板ガラス、複層(ペア)ガラス、Low-E複層ガラス(遮熱タイプ、断熱タイプ)からガラスの種類を選ぶことができます。

複層ガラスは、2枚または3枚の板ガラスの間に、乾燥した空気の層を封入することで断熱性を高めた家づくりのマストアイテムです。さらにその性能を高めたLow-E金属膜をガラスにコーティングした「高断熱複層ガラス」や「遮熱複層ガラス」は寒冷地や南側の窓に特にオススメです。その他、和室にぴったりなまるで障子のような和紙調ガラスに格子入り窓や、スリットの開閉も可能なブラインド内蔵複層ガラス浴室用窓があります。

「インプラス」に採用されている樹脂製サッシは、アルミサッシと比べて熱伝導率が1/1000程度と断熱効果に優れており、静電気を帯電しない特殊な素材でホコリを寄せにくい上、汚れが付着しにくいため掃除もグンと楽になります。

いかがでしたか?
大掛かりなリフォームでなくても、パッと簡単リフォームするだけで快適空間が手に入り、冷暖房費の削減で省エネ効果も期待できるのは大きな魅力ですね。出雲ショールームでは、「インプラス」の複層ガラスタイプがご覧いただけます。確かにホコリが付着しにくいので掃除はすごく楽ですよ!

【コラム】理想の家の伝え方~家族で話し合おう!~
2017-02-24

一軒家を購入する方の多くがご家族の方が多いですが、「新築住宅を購入する!」となった際、やはり問題となるのが家族一人ひとりに希望があるため、どうしても決まらない…。ということがやはり、よく起こります。これは、設計士としては全てを叶えたい部分ですがもちろん妥協をしなくてはいけない部分も出てきますが、まずはご家族の時間で一度本音を通して自分の希望について話し合う時間を作り一人ひとり希望を聞くことが重要です。

例え子供が「Aプランが良い!」と言っても、生涯を通して住む家にもなるので子供の成長を見越した住まいを考えることや、親である自分たちがシニア世代になった時にも住みやすい設計が選ばれるのが多いです。また、意見が割れた場合や、一人だけの意見であっても口に出すことが大切です。また、でた意見全てを紙に書きおこしておくと設計士に伝えやすいので是非活用してください!

家族が住む家だからこそ、「帰ってきたい!」と思える楽しい住まいづくりには依頼者と設計士だけでなく、住む人たち自身の希望が反映されないと完全な“我が家”にならないので、家族のみんなが納得いくまで話し合うことは大切にしたい時間ですね。そして、最後に全ての意見をまとめるのが設計士の腕のみせどころかもしれませんね。

【コラム】理想の家の伝え方~4つの視点~
2017-02-22

こんにちは、前回も予告した通り家づくりにおける希望の伝え方をご紹介していきたいと思います。

今回のポイントは前回お話しした「構造」「外観」「間取り」「空間」の視点の関係性のお話になります。

まず、構造は骨組みという部分になるので柱や梁を置くのかが耐久や耐震においても家としての寿命に大きく関わっています。また、この部分はリフォームとしては変更をしない部分になってくるので家の一生を決める部分です。

外観は庭を含め住む人の顔にもなるので、手を抜けない部分ですね。カラー等もそうですが、屋根の形であったり、「家を買いたい!」となった時パッと出てくるのは家の外観ではないですか?

間取としては、やはり家族構成等によって部屋割りや、もし収納をおおきめに取りたい等希望はいくつもあると思いますが、先ほどの構造と大きく関わるので同時に考えていく必要があります。また、窓の位置や陽射しもこれに入ります。

最後に空間ですが、これは個人の好みによって変わりますが、是非こだわってほしい部分の一つですね!

いかがでしたか?まとめるとどれも重要な視点、ポイントであり、設計を行う上で同時並行に考えなければならない部分なので大変なので、しっかりとした話し合いが大切です!

人間と同じでしっかりとしたからこそ住む人と共に年をとっていくのです。

【コラム】理想の家の伝え方~はじめに~
2017-02-20

皆さんが自分の満足のいく家づくりにはなにが大切だと思いますか?

「成績のいい業者に頼むこと!」「予算がたかければ!」と思う方がたくさんいると思います。もちろん、これらは間違ってはいません。実際の満足度に繋がっています。しかし、中でもおおきな要因となるのは“コミュニケーション”=会話がとても大事です。当たり前のように思われるかもしれませんが、お客様の希望を最大限にまで答えるのが私たちの仕事です。なので、お客様が描いている設計図に私たちはどれだけ図面に起こし実現させるのかという部分に責任を持って行動しているため、お客様とのやり取りを大切にしているのです。

さて、そのためにもいくつか話すポイントがあるとわかりやすいと思うのでこれからご紹介させていただきたいと思います。
まず、大きく分けると「構造」「外観」「間取り」「空間」の視点です。
意外にもシンプルにまとめますとこのようになりますが、実際にどれも家の全体にお互いに大きく関わっています。お客様側での希望が多いのは「間取」ですが、他の視点も大事なポイントですので、総合して考えないといけません。

いかがでしたか?まだ難しい話にはなりますが、良い家づくりのためにも次回も引き続きお付き合いください。

【コラム】中古住宅の気になるポイント~ローンに関する豆知識~
2017-02-18

こんにちは、
今回も引き続き、中古住宅の将来について見据えるために知っておきたい情報をお伝えしたいと思います。実は、中古住宅には気づかないではまってしまう落とし穴があります!そのためにも、是非参考にしてみてください!

・借入期間が短い?
中古住宅のローンに関してはいくつか制限される場合があります。まず、ローンの借入期間ですが、中古住宅になると新築住宅とくらべ傷み等の老朽化が懸念されやすく、耐久性もリフォームするなどで考慮されるので、短くなる可能性があります。

・住宅ローン控除が受けられない?
住宅ローンの控除については新築住宅でも中古住宅でも提示されている条件を満たさないとできないのですが、借入期間と同様で築年数が関わってくるので気をつけなければなりません。また、住宅ローン控除は税に関することですのでもし迷われた場合は税務署に連絡するのも手段の一つです。

住宅を購入するというものは人生で一番大きな買い物であることが多いでしょう。だからこそ、お金の面では慎重に情報を収集して、納得のいくものにしたいですよね!後から知って「しまった!」なんてことにならないように、偏った情報にも気を付けるようにしましょう!

2月14日バレンタインデー💖に社内研修で広島まで行ってきました!
2017-02-16

皆さまこんにちは~♪ 
今日は先日来の大雪⛄が嘘のような良い天気☀ですね~、所によっては3月から4月並の最高気温だとか・・・。
今更ながら日差し☀っていいですよね🎶

さて、その大雪の残雪がたっぷりと残る松江道をひたすら走り🚙、マツケン松江店・松江ショールームスタッフ全員で広島まで日帰りの社内研修に行ってまいりました。
 
今年で松江ショールームは開店4年目を迎えるに当たり、今まで以上にリフォームや新築をお考えのお客様のお役に立てるショールームを目指し、目下改装を検討中です。
松江ショールームは床材など要所要所に無垢の木を使っており、リフォームや新築、お庭や外構のご相談のお見えのお客様にもご好評をいただいております。私も無垢の木って何となくあたたかみがあって、ほっとした居心地の良さ♥を感じながら日々仕事をしているところでした。

折しも、今回の研修では新築やリフォームに使用する無垢のフローリング、室内ドア、階段など木質住宅建材やキッチンなどの住宅設備機器メーカー「ウッドワン」の展示場に行くことになりました。案内をしていただいた中で展示場の方にお聞きしたのですが、「ウッドワン」のフレームキッチンは、日本テレビ系全国ネットの「東京タラレバ娘」にも登場しているそうです。確かにドラマで使えるくらいに素敵なキッチンがたくさんありました。💓

「ウッドワン」のあとは「クラージュプラス」という北欧家具を取り扱ったショールームへも足を延ばしました。こちらもステキな暖房器具や北欧のテーブル、ソファー、机、イスなどの展示があり、十分目の保養をさせていただきました。

スタッフ一同、今回の研修を今後のリフォームや新築のご相談にしっかりと役立てて、ご満足いただけるご提案をしてまいりたいと思っておりますので、リフォームや新築をお考えの方々のご来店をスタッフ一同心よりお待ちしております!!

【コラム】中古住宅の気になるポイント~メンテナンスって?~
2017-02-14

中古住宅には新築住宅にはない魅力がたくさんあるので、もう購入を決定している方や、検討をされている方がいるかもしれません。

さて、そんな中古住宅の購入を考えている方へ知っておくとトラブルを避けることできますので、前回に引き続き、是非参考にしていただきたいものをご紹介させていただきます。

中古物件の主なリフォームはキッチン、お風呂、トイレ等です。これらは意外にも見た目がきれいでリフォームの必要性がないようにもみえるものがあります。しかし、そういった場合でも、築年数やメンテナンス履歴をみてリフォームを検討しておくべきです。
なぜなら、住宅を購入し生活していくうちに気づくトラブルがあるからです。そのためにも、一度診断を行うこと、そして、先を見据えあらかじめリフォーム会社に見積もりを頼んでおくのが良いでしょう。

いかがでしたでしょうか?持ち主や業者がメンテナンスを行っていないとかなり早く傷みが進み、細部に至るまでリフォームをする必要性が出てくるので、気を付けなければなりません。そういったことを避けるためにも、これまでのメンテナンスの管理状況履歴などを把握しておくことが大事ですよ!魅力的な落とし穴にひっかからないようにしましょう!

【コラム】中古住宅の気になるポイント~意外な立地条件~
2017-02-12

こんにちは、家を買う際に悩まれるのはやはり、立地だと思います。「交通は便利なのか?」お子さんがおられましたら、「学校への距離は?」等考えることが多いです。
しかし、良い立地には必然的に家を建てられていたりと新築を建てる場所がなかったりしますよね?そういった場合、新しい土地を探しますか?それとも、空き地ができるまで待ちますか?

こういった時こそ、中古住宅を検討してみていかがですか?中古住宅は意外にも立地条件の良い土地にあったりすることがあります。また、家があらかじめ建っているので、実際住んでみるとどんな環境なのかよりリアルに新築住宅より考えることができます。

そのためやはり価値があがるので金額も高くなったりしますが…。新築住宅を希望されていた場合、当初の予定と変わってしまうので妥協が必要かもしれませんね。しかし、プラスで考えると選択肢が増えていいかもしれません。


前回に引き続き中古住宅の魅力を紹介させていただきましたが、いかがでしたでしょうか?家を買う際、希望したエリアで土地を見つけるのか意外にも難しいですよね。実際、中古住宅を視野に入れてみると物件があったりします。意外にも盲点だった方もいるかもしれませんね。この機会に視野を広げてみてはいかがですか?見落とした物件が意外のも自分の好みのものがみつかるかもしれません!

LIXILリフォームショップマツケンESTINA 松江・出雲リノベ不動産|MATSUKEN
ホーム | お知らせ | 施工事例 | 会社案内 | ブログ | お問合わせ | リンク | プライバシーポリシー

有限会社 マツケン 〒690-0823 島根県松江市西川津町3186 TEL:0852-61-1128 FAX:0852-61-1127

先頭へ