島根県松江市・出雲市のリフォーム、新築、外構工事ならマツケン

0120-931-194
LIXILリフォームショップマツケンESTINA 松江・出雲facebookinstagrammailto:info@matsuken-home.jp
ホームお知らせ施工事例会社案内ブログお問合わせ
トップ > ブログ

ブログ


【コラム】開き戸のメリット・デメリット
2016-10-31

前回は引き戸を取り上げましたが、今回は開き戸のメリット、デメリットについてご紹介します。

開き戸のメリットは気密性や断熱性に優れていることです。完全に閉めてしまえば隙間はなくなりますので、引き戸に比べて高い断熱効果や、防音効果が得られますし、防音対策も開き戸の方がしやすいので音を気にされる方にはおすすめですよ。

また、引き戸のようにレールがなく床がへこんでいるわけでもないので掃除は楽です。わざわざ、ほこりをとったりする必要がないので掃除が面倒だという方には開き戸の方が向いていますし、横幅をとらないので横にスペースをとれない場合は開き戸の方が適しています。

開き戸のデメリットは扉を開くときに扉一枚分のスペースが必要なことです。引き戸だと、どちらか一方のスペースが狭くても問題はありません。
しかし、開き戸の場合、扉の前に物を置いておくこともできませんし、周囲に置く家具の配置にも気を付けなければ傷をつけてしまいます。

また、大きく動かなければ開けることができませんので、車いすの方やお年寄り、買い物帰りなどで両手がふさがっている方には使いづらいでしょう。

ドアを全開にしておいたとしても扉がある分、引き戸ほどの開放感は得られません。

松江市 A様邸 エスティナ・リガーデン工事 完成です!!
2016-10-30

皆さまこんにちわ☺ 
ガーデン&エクステリアのエスティナです。


今年のハロウィン🎃東京渋谷では例のDJポリス、仮装した人でごったがえした様子が放映されてましたが、県内でも仮装した子供たちにお菓子を配ったりする映像が流れていましたよ🎶

そのような中、先般完成いたしました松江市A様邸の外構リフォームをご紹介いたします。

A様邸は新築された際にアプローチ・駐車スペースなどは仕上がっていましたが、玄関周りの植栽は2期工事で行いたいとお考えでした。

「玄関まわりはどのような植栽にしたらいいの?」と何度かご相談いただいて、イメージを膨らませながら日差しの届きかたや風通しなどの環境を踏まえながら植栽を選んでいきました。

クールな表情をした枕木立ての門柱横にはシルバープリペットの低木をレイアウト。
斑入りの葉は色合いもキレイで初夏には良い香りのする白い花が咲くきます。
株元の下植栽には管理がしやすく一年を通して常緑のままで育つものや、葉色のバラエティが豊富なもの、シーズン毎に花が楽しめる宿根草を採用しました。年数が経過していくにつれて葉が密に茂りボリュームが増して雰囲気良く彩られていきます。

また、アプローチの目地に採用されていたレンガとの組み合わせを考え、こちらのグランドカバーには常緑性クリーピングタイムをレイアウトしました。季節によって咲く愛らしい花がアプローチに彩りを添えるとともに、雑草が生えにくくなるというメリットもあります。

来春にはきっと玄関まわりの小っちゃくて可愛らしい草花達がご家族の皆さまや訪れる方々を優しくお出迎えしてくれることと思っています。

お子様達と一緒にガーデニングを楽しんでいただける癒しの空間になりました。
奥様のご要望に合った優しくて彩り豊かなプランをご提案できたのではないでしょうか。

お家の表情って植栽によってこんなにも豊かで優しくなるんですね💖

【コラム】引き戸のメリット・デメリット
2016-10-29

室内ドアを引き戸にするか、開き戸にするかお悩みの方もいらっしゃるでしょう。今回は引き戸のメリット、デメリットについてご紹介します。

引き戸のメリットは扉を開けた時に邪魔にならないことです。開き戸だと、前後に扉分のスペースを設ける必要がありますが、引き戸は壁の中で扉が収まってくれますので、扉を設けるスペースがなくても設置が可能です。
また、扉の前に何か物を置いておいたとしてもわざわざ避ける必要はありません。

他のメリットとして、横にスライドさせるだけで扉が開くので子供やお年寄りの方、車いすの方にも使いやすいことが挙げられます。

引き戸は開きかけの状態で置いておくこともできます。風通しを良くするために全開でもいいですし、様子が気になるときなどは少しだけ開けておくということもできます。
扉を開けた状態では引き戸の方が開き戸に比べ開放感も出ます。

デメリットは気密性が低いので音が漏れやすいことで、レールと戸の間には隙間がありますので、小さなお子さんがいらっしゃる家庭や、楽器などをされる方には向いていないでしょう。

また、引き戸の場合、レールの上にゴミが溜まりやすく、放置しておくとドアの開閉がしにくくなりますので、定期的な掃除が必要です。

他にも壁が戸の2倍必要になりますので建築費が開き戸よりも若干高くなります。

出雲市 M様邸、玄関扉の取替工事完成です
2016-10-27

築15年、錆びの浮いてきたスチール製玄関扉をアルミ製玄関扉「リシェント」に交換させていただきました。

リシェントは、不要なドア等を取り除き、既存の玄関ドア枠に被せる工法のため、工期が大幅に短縮できるのが特長です。

工期も1日と大変短く、きれいになり施主様に喜んでいただけました。

M様、本当にありがとうございました。

【コラム】シックハウス症候群とは
2016-10-26

待ちに待ったマイホームに住むのはワクワクしますし嬉しいことでしょう。
しかしマイホームが新居住宅の場合、気をつけておきたいことがあります。

それはシックハウス症候群です。
シックハウス症候群とは家の建材に使われている微量の汚染化学物質に体が反応しさまざまな症状を引き起こしてしまう病気のことです。
このさまざまな症状には頭痛、発熱、吐き気、不眠、目のかゆみ、集中力の低下などがあります。

そしてシックハウス症候群になりやすいのが新築の家なのです。
家造りに使われるフローリングなどの建材には、例えば合板であれば接着剤に含まれるホルムアルデヒドという化学物質に体が反応してシックハウス症候群の症状を引き起こすのです。

シックハウス症候群を防ぐには、新築に住み始めてからしばらくの間はこまめに換気を行ったり、家造りの時点で化学物質を含まない自然素材を使用したりといった対策が考えられます。
特に小さなお子さんがおられるご家庭やアレルギーを持たれている方がおられるご家庭は気にしておくべきでしょう。

いかがでしたか?
せっかくのマイホームに住み始めたのに辛い思いをするのは避けたいところですよね。
シックハウス症候群にならない対策を考えましょう。

出雲市 S様邸、本日竣工しました
2016-10-25

出雲市にある施主様の生家をリフォームさせていただきました。

玄関は和風の趣を残しつつ、ガラス部分から陽の光が入る明るい玄関になりました。

広々としたLDKは、アイランドキッチンとその背面に調理家電が収納できるカウンターを設置し、大きな掃き出し窓には外からの光や視線を自在にコントロールできる縦型ブラインドカーテンを取り付けました。ドレープカーテンのように布だまりができないため、お部屋をすっきりとした印象にしてくれます。

S様、本当にありがとうございました。

【コラム】ウォークインクローゼットはどこが良いの?
2016-10-24

家造りにおいて、収納は重視すべきポイントではないでしょうか?
どんなにデザインが素敵な家でも、収納が不十分であれば快適には暮らせません。

今回は、十分な収納スペースの確保ができるウォークインクローゼットについてです。
ウォークインクローゼットとは歩いて中まで入っていけるまとまった収納スペースのことで、家を建てる際には取り入れたいなと思われている方もいらっしゃることでしょう。

ウォークインクローゼットの良いところは、まず1箇所にまとめて収納することができる点です。
大きな荷物であるキャリーケースや暖房器具から洋服、小物までを1箇所にまとめておけるため、どこに置いたか分からないといったこともありませんし、物を移動させることも少ないです。

また、ウォークインクローゼットに照明や鏡を設置しておけばその中でトータルコーディネートすることもできるのです。

さらに、収納をウォークインクローゼットにすることで部屋の使える壁面積が広くなります。
部屋の家具の配置においても幅が広がりレイアウトしやすいでしょう。

いかがでしたか?
家を建てる際にはウォークインクローゼットの採用を検討してみてください。

【コラム】注文住宅で気をつけておきたい点
2016-10-23

前回、注文住宅についてお話しました。
注文住宅は魅力がたくさんある反面、注意すべき点がいくつかあるので今回はそれをご紹介します。

1つ目は時間です。
既に出来上がっている家にすぐに入居できる建売住宅とは違い、1から建設していく注文住宅はやはり完成までに時間がかかります。
いつまでに新居に住みたいという希望があっても、完成が間に合わないかもしれません。
また近くに仮住まいをするとなると引越し費用や賃貸物件に必要な初期費用など家造り以外にかかる費用もあるので注意が必要です。

2つ目は予算です。
自分たちで予算をコントロールすることはできますが、思わぬところへの出費が発生してしまうことは注文住宅なら十分に考えられます。
こだわりたいポイントを絞り、それ以外で削れるコストは削っていく工夫をしなければ、予算はどんどんオーバーしてしまうでしょう。

3つ目はこだわりです。
家を建てる時期は結婚、出産、子どもが大きくなってからなどいろいろだと思いますが、いずれにせよ誰かと住む家を建てることが多いでしょう。
その際に家族と意見の食い違いが生じてしまうこともあるでしょうが、ここだけは誰にも譲れないところを家族と十分に話し合っておく必要があります。
意見の食い違いで家の完成が遅れるなんてことのないように注意が必要です。

松江市 K様邸 エスティナ・ガーデン工事 完成しました㊗
2016-10-22

皆さまこんにちは♪
ガーデン&エクステリアのエスティナです。


昨日の地震😲私の🏠ガタガタと相当揺れて怖かったです。鳥取県の皆さま方には心よりお見舞い申し上げます。この後の余震にも十分お気をつけてください。

今週はまるで夏に逆戻りしたかのような暑い日もありましたね💦 
お蔭さまで松江市K様邸の外構工事も順調に進んで、仕上げの植木・下植栽が入りついに完成いたしました!!

シンボルツリーは2.5mのイロハモミジを採用しました。
紅葉して葉が落ちて、また春には枝いっぱいの新緑の葉が溢れます。外出の折々に四季の移ろいを楽しみながら感じていただけるのではないでしょうか。
淡い暖色の平板敷き(天然石)と明るいホワイトのタイルで仕上げたアプローチは、柔らかさや温かみを醸し出しながら建物との統一感も演出できました。また、正面に配置された駐車スペースは砂利敷きをグレー色にしたことで色幅とコントラストが生まれ、全体的にすっきりとした空間づくりが成功したのではないかと思います🎶

リビングダイニング側のお庭は道路からの視線を遮るためウッド調のアルミ角柱と生垣で目隠しをしました。
角柱はやや狭く隙間を空けて並べることにより圧迫感のない仕上がりに。さらに、キンモクセイやオリーブ、ヤマボウシの植木をレイアウトすることでプライバシーを守りながら緑溢れるナチュラルな優しい空間に仕上がったと思います。

そして照明プランも採用していただいたおかげで、夕刻になりますとまた別の表情を見せてくれます。
日が沈んで薄暗くなってくると自動的にライティングされ、門柱前やアプローチ・建物正面の植木や下植栽がステキに彩られます。昼間と違う美しい景観が演出されるようにとプランしましたので、ご家族でゆったりと「眺める庭」を楽しんでいただければ嬉しいです。

お庭のお手入れに役立つ立水栓や水鉢も新設して、その周りにも可愛らしい下植栽を施しました。
これからご家族で自然の風や光をたっぷりと感じながらガーデンライフを楽しんでいただけるのではないでしょうか。


K様、本当にありがとうございました。

【コラム】注文住宅とは
2016-10-21

マイホームを購入しようと決めたら、家をどのように建てるかは主に2パターンから選択することができます。

1つが既に出来上がっている状態の家を買う建売住宅、もう1つが土地だけ持っている状態から家を建てていく注文住宅です。

今回は注文住宅についてです。

注文住宅は土地だけある状態から工務店やハウスメーカーに依頼し、家を建設してもらう家の建て方です。

注文住宅最大の魅力は、やはり自由度の高さでしょう。
既に出来上がっている建売住宅とは違い、1から建設していく注文住宅はご自身の好みや要望を反映しやすく、オリジナルな家造りができます。
部屋の数から内装、建材、デザインに至る全てにおいてご自身の意見を聞いてくれるのは嬉しいことですよね。
特にこだわりの強い方や家には個性を出したいという方にとってはベストな家造りの方法ではないでしょうか。

また、家が建っていく過程を見守ることができるため完成後も安心して住むことができるでしょう。

いかがでしたか?
家を建てるならやはり注文住宅が良いと思われる方は多いでしょう。
しかし注意すべき点もあります。こちらに関しては次回の記事でお伝えしたいと思います。

ホーム | お知らせ | 施工事例 | 会社案内 | ブログ | お問合わせ | リンク | プライバシーポリシー

有限会社 マツケン 〒690-0823 島根県松江市西川津町3186 TEL:0852-61-1128 FAX:0852-61-1127

先頭へ