島根県松江市・出雲市のリフォーム、新築、外構工事ならマツケン

0120-931-194
LIXILリフォームショップマツケンESTINA 松江・出雲リノベ不動産|MATSUKENfacebookinstagrammailto:info@matsuken-home.jp
ホームお知らせ施工事例会社案内ブログお問合わせ
トップ > ブログ

ブログ


【LIXILのものづくり】システムバス「スパージュ」~アクアフィール 肩湯~
2019-03-16

湯を愉しむ。時を、味わう。SPAGE「スパージュ」。それは、人生を豊かに潤すシステムバスルームです。
全身浴でも、半身浴でも心からリラックスできる、お湯が織りなすベールのような新感覚の肩湯。
まったく新しい入浴スタイルが楽しめます。

■美容にも健康にもふさわしい入浴法
アクアフィールの肩湯は、頸を直接温めることにより、血流量が増します。肩こりは、血行が悪くなることから引き起こされるものです。お湯が筋肉の緊張をほぐし、発痛物質が血液により洗い流されるというメカニズムから見ても、肩湯は美容にも健康にもふさわしい入浴法といえるかもしれません。

■少ない湯量でもしっかり温まる
半身浴は、全身浴に比べ、湯量が少なく腹部への水圧による負担が少ないために、呼吸がしやすく、長く入浴できます。一方全身浴は、肩までつかる心地よさが特長。その両方の良さを一度に味わえるのが、お湯を少なめに入れて楽しむアクアフィールの肩湯です。

【LIXILのものづくり】システムバス「スパージュ」~お風呂を愛する国のバスルーム~
2019-03-14

水に恵まれた私たちの国では、お風呂には特別な意味が込められてきました。
私たちにとってお風呂に入ることは、新たな自分へと生まれ変わるための再生の儀式なのかもしれません。
湯を愉しむ。時を、味わう。SPAGE「スパージュ」。
それは、人生を豊かに潤すシステムバスルームです。

あなたの理想のライフスタイルをかなえる、「スパージュ」でできる便利な機能ををご紹介します。

■首から肩にお湯をまとう
やわらかなお湯の流れが、首から肩をなでるようにあたためます。優しいベールのようなお湯の感触が、気持ちまでほっと解きほぐす至福のバスタイムを演出します。

■ホテルで味わうリラックスしたシャワータイム
心を溶きほぐしたい時、心からリフレッシュしたい時。それぞれのくつろぎのために、スパージュのお湯はその姿を変えます。

■自分流の時を演出
お湯につかるだけでなく、心を溶きほぐす豊かなバスタイムを。腰をかけて過ごすスパージュならではのバスタイムを演出します。

【LIXILのものづくり】車椅子対応キッチン「ウエルライフ~プランニングアドバイス④~」
2019-03-11

新しいメニューに挑戦したり、美しい盛り付けにこだわってみたり、料理するよろこびを、より多くの方に感じて欲しい。座ったままで使いやすい車椅子対応キッチン「ウエルライフ」お部屋に合わせてデザイン・カラーを選べます。

■機能をアレンジ
自分にぴったりの機能や機器を追加・変更することで、キッチンはもっと使いやすく快適になります。
収納物が取り出しやすい引出しタイプの収納をはじめ、食器洗い乾燥や電気温水器もすっきりとビルトインできます。
下ごしらえや後片付けの効率、お掃除のしやすさなど、気になるポイントをチェックして、こだわりのキッチンを実現していきましょう。

■カラーコーディネート
料理も暮らしも楽しむためには、デザインやカラーも大切なポイントです。インテリアのお好みに合わせてキッチンを仕上げます。

〇扉デザイン・カラーを選択
単色8色、木目11色から、お好みのカラーが選択できます。
〇取手を選択
デザインと持ち手のスタイルで2種類の取手をご用意しました。
〇ワークトップを選択
柔らかな風合いの白い人造大理石と丈夫でシャープな質感のステンレスが選択できます。
〇キッチンパネルを選択
目地が少なくお手入れしやすいキッチンパネルもカラーコーディネートできます。

【LIXILのものづくり】車椅子対応キッチン「ウエルライフ~プランニングアドバイス③~」
2019-03-09

新しいメニューに挑戦したり、美しい盛り付けにこだわってみたり、料理するよろこびを、より多くの方に感じて欲しい。座ったままで使いやすい車椅子対応キッチン「ウエルライフ」

■キッチンプランを選ぶ
コンロまわりの機能とアクセスのスタイルで2つのプランから、お好みに合わせて選択していただけます。

【グリルレスプラン】
コンロへのアクセスのしやすさを重視される方におすすめのプランです。シンク、調理スペース、コンロのすべてに正面からアクセスできます。

【グリル付収納プラン】
コンロのグリル機能や収納量を重視される方におすすめのプランです。シンクと調理スペースに正面からアクセスできます。コンロには、調理スペース側から、または正面から横向きでのアクセスとなります。

【LIXILのものづくり】車椅子対応キッチン「ウエルライフ~プランニングアドバイス②~」
2019-03-01

■ワークトップの高さを選ぶ

ワークトップの高さは車椅子や椅子のサイズ、着座姿勢などに合わせて73㎝から85㎝まで、1㎝単位で13段階の高さから選択できます。

ワークトップの高さ(座位)の目安=床から膝までの高さ+16cm+2cm程度(キャビネットと膝の隙間)

車椅子でご使用の場合は、調理中の移動や方向転換、ダイニングスペースとの動線などに配慮して、十分な広さを確保することをおすすめします。このキッチンを使う上で重要なのは膝の高さとの関係。足が入るかどうかで手が届く位置が変わるため、自分にあった高さを選ぶことが大切です。

【LIXILのものづくり】車椅子対応キッチン「ウエルライフ~プランニングアドバイス①~」
2019-02-26

新しいメニューに挑戦したり、美しい盛り付けにこだわってみたり、料理するよろこびを、より多くの方に感じて欲しい。座ったままで使いやすい「ウエルライフ」はキッチンの間口サイズ、ワークトップの高さなど選ぶことができます。

■設置場所に合わせて間口サイズを選ぶ
キッチンのレイアウトが決まったら、設置するスペースに合った間口(270cm~180cm、7段階)を選択します。
・シンク、コンロの位置は左右が選択できます。
・シンクは選択した間口およびタイプによってサイズ(73cm、53cm)が決まります。
・コンロ端部のスペースは17㎝と2㎝が選択できます。調理スペースが不足する場合は、2cmを選択していただくことで、調理スペースを広くできます。

■キッチンの配置と動きやすい動線の目安
車椅子でご使用の場合は、調理中の移動や方向転換、ダイニングスペースとの動線などに配慮して十分な広さを確保することをオススメします。
・方向転換ができる広さ・・・120~150cm程度
・座った人の後ろを通れる広さ・・・80~90cm程度
・引出しを開けてモノが取り出せる広さ・・・80~90cm程度

【LIXILのものづくり】車椅子対応キッチン「ウエルライフ~リビング・フィット・デザイン~」
2019-02-04

キッチンは、暮らしを彩るインテリアだから、美しさや居心地も大切です。豊富にそろったカラーと質感。お気に入りのインテリアに合わせて、コーディネートできます。
■暮らしを彩る19色のカラー
空間を明るく演出するパステルやインテリアに上質なアクセントを添えるエレガントな色。さまざまな木の表情が選べる木目調など。5シリーズ19カラーの扉から、あなたの“好き”を見つけてください。柔らかな印象で人気の人造大理石のワークトップもお選びいただけます。

住まいとの調和はもちろん、住まう人の暮らしとも調和する。それがLIXILキッチンのリビング・フィット・デザインです。シンプルで美しいディテールや多彩なバリエーション、豊富なインテリア建材もご用意し、理想の住空間をかなえます。

【LIXILのものづくり】車椅子対応キッチン「ウエルライフ~7つの便利機能~」
2019-01-29

作業やお手入れのしやすさなど、調理スタイルやこだわりに合わせて最新の機能や機器をお選びいただけます。豊富にそろった便利機能で、あなたに合った使いやすいキッチンにアレンジできます。

■タッチレス水栓ナビッシュ
水栓の上部にあるセンサーに手をかざすだけ。レバーを操作しなくても、ラクな姿勢で水が使えます。
※水量、水温調節はレバーの操作が必要です。

■オートダウンウォール
リモコン操作で昇降する電動式の吊戸棚。普段使いの収納スペースをプラスできます。

■食器洗い乾燥機 浅型タイプ
後片付けの手間を減らせる食器洗い乾燥機もご用意。ビルトインタイプだから、ワークトップをゆったり使えます。

■3口フルIH・グリルレスタイプ
加熱状態や火加減が一目でわかり、天面で操作ができるグリルレスタイプ。IHヒーターが3口あれば、忙しい時の並行調理もスムーズに行えます。

■リモコン対応のレンジフード
座ったままでオン・オフや強弱が操作できるリモコンをご用意。加熱機器と自動で連動するタイプもあります。
※加熱機器側もレンジフード連動機能付の機種を選択する必要があります。

■浅型シンク&シンクサポート
座った姿勢でも使いやすい深さの浅型シンク(約13cm:通常シンクは約20cm)を標準装備。便利なシンクサポートもご用意しています。

■ハンディボックス
調理スペースをふさがずに調味料をまとめて収納できる壁面に取り付けるタイプの収納ボックス。必要な時にすぐ取り出せます。調理家電が使える便利なコンセント付きです。

【LIXILのものづくり】車椅子対応キッチン「ウエルライフ~3つのフィット~」
2019-01-25

座ったままで使いやすいシステムキッチン「ウエルライフ」
車椅子を使う方や、立ち仕事をツライと感じる方が座った姿勢のまま、快適に料理ができるよう考えたキッチンです。もっともっと料理を楽しむ毎日を「ウエルライフ」ではじめましょう。

■3つのフィットで使いやすい!
座った姿勢での動きやすさや作業のしやすさにすみずみまで配慮しました。
【奥行き】奥まで手が届きやすいスリム(60cm)なワークトップ
【高さ】膝の位置に合わせて1cm刻み(73~85cm)で選べます
【カタチ】足元を遮らないオープン設計

■正面からアクセスできるオープン設計
下ごしらえも加熱調理も洗い物も自然な姿勢で作業ができます。

LIXILのヒューマン・フィット・テクノロジーに基づく研究成果が使いやすさに生かされています。

【LIXILのものづくり】キッチンの基礎知識5「キッチン収納計画②」
2019-01-11

背面収納には、天井近くまで生かしてたっぷり収納できるキッチンクローゼットや、自分でキャビネットと組み合わせてつくるオリジナルのシステム収納があります。
食器や食材、家電製品などしまいたいモノの種類と量に合わせて収納を選択します。まずは、何を収納したいか拾い出すところから始めます。後から増える分も考えてゆとりを持たせておきましょう。
仮置きや作業台が欲しい場合はカウンタータイプがオススメです。

そして、よく使うモノは取り出しやすいところに収納するのが基本です。

■一番取り出しやすい場所は『アイレベル』
目線から腰高くらいまで、自然と目に入ってすぐ手が届く場所『アイレベル』がモノを一番取り出しやすい高さといわれています。アイレベルには、よく使うモノを収納します。

■上段には
手が届かない上段は踏み台などを使う必要があるので、軽いモノ、あまり使わないモノを収納します。
食材のストックなどは取っ手がついた透明なカゴを使うと、一目で分かりやすく取り出しやすくなります。

■下段には
床近くの収納には、重いモノや大きいモノを収納します。ゴミ箱を丸ごと収納できるダストワゴンも設置することができます。

■キッチン収納は引出しタイプ?扉タイプ?
収納は引出しタイプと扉タイプ、どちらが使いやすいと思いますか?
「引出し!」迷わずそう答えられる方が多いかもしれません。実際、最近は引出しタイプを選択される方が多いように感じます。しかし!実は、それぞれに一長一短あるんです。
引出しタイプは、奥のモノまで取り出しやすいですが、入れるモノの高さに制限があります。
扉タイプは、奥行きが広いと奥のモノは取り出しにくくなりますが、棚板の位置で高さの調節ができ、背が高いモノも収納できます。
そして、どちらのタイプにも言えることですが、引出しを引き出した時、扉を開けた時、収納スペース手前に空間が必要ということを忘れてはいけません。もちろん人が作業するスペースも必要です。
オープン棚の場合は、引出しも扉もないので、人が作業するスペースがあれば大丈夫です。引戸タイプもそうですが、左右いっぺんに開けることができないのはデメリットとなります。
収納全部を引出しタイプにするより、扉タイプも織り交ぜることで、高さがあるモノや大きいモノも収納しやすくなります。

LIXILリフォームショップマツケンESTINA 松江・出雲リノベ不動産|MATSUKEN
ホーム | お知らせ | 施工事例 | 会社案内 | ブログ | お問合わせ | リンク | プライバシーポリシー

有限会社 マツケン 〒690-0823 島根県松江市西川津町3186 TEL:0852-61-1128 FAX:0852-61-1127

先頭へ