島根県松江市・出雲市のリフォーム、新築、外構工事ならマツケン

0120-931-194
LIXILリフォームショップマツケンESTINA 松江・出雲リノベ不動産|MATSUKENfacebookinstagrammailto:info@matsuken-home.jp
ホームお知らせ施工事例会社案内ブログお問合わせ
トップ > ブログ

ブログ


【整理収納のお話】27~自分から進んで片付けができる子に~
2018-10-17

こんにちは。整理収納アドバイザーの出雲店ショールームスタッフです。

『自分から進んで片付けができる子になって欲しい―』と親ならば誰でも願うところですね。しつけのため、子どもの将来のため、親もラクできるし・・・。
だけど、実情は・・・
おもちゃは出しっ放し。靴はポイポーイ、揃えない。ランドセルやカバンは玄関や階段に放置。服を脱げば、脱皮したあとの抜け殻のようなカタチのまま放置(たまに大人でもいます)。あるある・・・(笑)!

「片付けなさい!」
片付け攻防が始まれば、しまいには「片付けなきゃ全部捨てるよッ!!」ホトホト疲れますよね。私もそうでした。

子どもに「片付けなさい!」では通じません。
そもそも、子どもは『片付け』が何か分かっていないからできないのです。お母さんが怒るから、とりあえずつっこんでおく。そして、目につかない所にぐちゃぐちゃに入っているのを発見すると、「また~!こんなにぐちゃぐちゃにして~~!」もう、目に浮かびます・・・。

■大事なのは指定席!
片付け=整理ではありません。
整理とは『不必要なモノを取り除くこと』で、片付けとは『使ったモノを元の位置に戻すこと』です。
まずは『使ったモノは元の場所に戻す』と教えることが大切です。根気強くどこに戻すのか教えながら、一緒に片付けます。そのためには、モノの指定席を作ることが大前提!!
小さい子どもの場合、細かく分けることは難しいですよね。最低限、分けておきたいおもちゃ(ブロック、プラレール、おままごとなど複数個で同時に遊ぶモノ)のみ分けて収納します。他のおもちゃは一緒で構いません。細かく分別する必要なし!大きめのカゴを用意して、ポイポイとそこに戻すことから始めましょう。

■片付けやすい位置に
子どもの身長や目線を考慮し、片付けやすい位置に指定席を作ります。とにかく面倒でないところに、カンタンに片付けられること!片付けるためのアクション数が少なくなるよう工夫します。大人でも面倒だったら、片付けなんてやりたくないですよね?
「リビングはスッキリしたい!色とりどりのおもちゃは隠したい!」と思う気持ちも分かります。子どもの背丈や力で開けられないリビングの扉つき収納にしまうよりも、遊ぶスペースの近くに3段BOXなどを置いておもちゃ収納にすることをオススメします。見た目よりも、子どもの片付け力をつけることを優先しましょう。最近の3段BOXは、自分で棚板の数を増やしたり、位置を変えることもでき、専用のオシャレなカゴやボックスも数多くあります。

■子どもが見てすぐ分かる
どのおもちゃをどこに収納するのか、写真を貼ったり、イラストをつけたり、子どもが見てすぐ分かるように、自分で戻せるように工夫します。

■整頓
元の場所に戻すことができるようになれば、整頓することを教えます。種類で分ける、向きを揃える、キレイに並べる等。すぐに見つかる!出し入れしやすい!などが実感できれば、自ら整頓する子に育つでしょう。

■増やさないルール
そして、おもちゃが無制限に増えないようルールを決めることも大切です。このカゴに入るまで、入らない時には減らすことを親子で約束します。

■『YOUメッセージ』と『Iメッセージ』
「あなたは(YOU)・・・」が主語になる言い方をする『YOUメッセージ』よりも、「私は(I)・・・」が主語になる言い方をする『Iメッセージ』の方がよく響くそうです。子どもだけでなく、大人同士の人間関係も同様ですね。
例えば
「(あなたは)何で片付けないの!」と怒るよりも、
「お母さんは、あなたがおもちゃを使って出したままだから、部屋が散らかっていて気持ちが良くないの。だから使ったらちゃんと元の場所に戻してほしい。」といった具合です。
「お母さんが気持ち良くないなら・・・」と、素直に行動するかもしれません。
そして、きちんと片付けができた後には
「部屋がスッキリしてお母さんはとっても気持ちがいいわ!」と、これも『Iメッセージ』で気持ちを伝えましょう。

出雲市 T様邸 ESTINAガーデン工事完了しました。
2018-10-17

出雲市 T様邸 ESTINAガーデン工事完了しました。

アプローチには曲線を取り入れ、温かみのあるナチュラルなイメージのファサード(建築物の正面から見た外観)となりました。来客用の車の駐車スペースとしても活用できるよう平板を敷き、それがアクセントにもなっています。

防草対策に人工芝、化粧砂利を敷設し、その他ストックヤード、目隠しフェンスを設置しました。

T様、ありがとうございました。

うれしい事がありました!
2018-10-16

先日、東出雲町の新築工事が完了し、引渡しをさせて頂きました。

その際に施主様からとても嬉しいプレゼントをいただきました。

それがこの写真のものなのですが・・・

なんとこれ・・・「チロルチョコ」・・なんです。

左から弊社マツケンのロゴ、今回完成した新築住宅の写真、趣味室建具に採用したヘリンボーンの写真が印刷された超オリジナルチロルチョコ!!

本当に嬉しくて泣きそうでした。

ん??あれ?・・平成28年??

ご愛嬌ということで・・・

施主様、本当にありがとうございました。

【LIXILのものづくり】システムキッチン「リシェルSI」~よごれんフード~
2018-10-15

油分の侵入を入口でブロックするレンジフード「よごれんフード」が誕生しました!
高速で回転するメッシュ状のディスクが、煙に含まれる油の粒子を強力に捕集、
ファンとフード内部の汚れは従来の1/10になりました。
汚れがほとんど溜まらないので、簡単なお手入れだけで長く快適に使っていただけます。

■普段のお手入れ
・フッ素加工したフードや整流板をサッと拭き掃除するだけです!

■お手入れランプが光ったら(3ヵ月に1度)
・オイルトレーが簡単に外せるので、水洗い♪
・回転ディスクは水が作用して汚れを浮かせる「親水性塗装」を施しているので、
ゴシゴシ洗わなくてもサッと水洗いで大丈夫です!

今までのお手入れと比べたらかなり楽ちんですよね♪ぜひご検討ください(^^)

松江市にてリフォーム工事着工しました!
2018-10-12

先日より、松江市西尾町にてリフォーム工事着工しました!

外壁、屋根塗装、バス、キッチン、洗面、トイレ、オール電化、一部スケルトンリフォームなど盛り沢山な内容です。

完成は12月前半になります。

今後も工事中の様子をアップする予定ですのでお楽しみに!

松江市の中古住宅リノベーション完成です!
2018-10-11

松江市の中古住宅リノベーションが完成しました!

もともと店舗だった部分と台所をつなぎ広々LDKに。

内装はモダンな雰囲気漂うレンガ調に仕上げました。

とっても素敵に生まれ変わりましたよ!!

【LIXILのものづくり】システムキッチン「リシェルSI」~ひろまるコンロ~
2018-10-11

ゆったりと使える広々設計なので、さまざまな調理が並行して行えます。
奥にある左右2ヵ所の仮置きスペースが調理をさらに快適にしてくれます。
使いやすさ、お手入れのしやすさにもこだわった頼りがいのあるコンロです。

■機能性
バーナー間隔が広いので、3口同時に使っても鍋振りができます。
グリルの排気口をコンパクトにして、仮置きできるスペースを管理しました。
5つの鍋を使い分けて手際よく作業できます。

■コンロ機能
どちらのバーナーも高火力からとろ火まで自由自在。
右バーナーには揚げ物や湯沸かしなどに便利な温調機能も搭載しています。

■お手入れ
汚れがたまりやすいバーナーリングの継ぎ目や周辺のフレームをなくすなど、お手入れのしやすさにも配慮しています。

■カラー
清潔感のある優しい6色の色からお好きな物を選んでいただけます。

【整理収納のお話】26~衣替え『その服、着た?着なかった?』~
2018-10-09

こんにちは。整理収納アドバイザーの出雲店ショールームスタッフです。

10月だというのに、気温は20度後半が続いていてなかなか半袖が手放せませんね。30度を超えた日は、本当に暑かった!
前回の続き『自分から進んで片付けができる子になって欲しい―』記事を、と思っていましたが、そろそろ涼しくなってきそうなので、衣替えの参考になるように、本記事をUPしますね。ぜひ、参考にしてみてください!

みなさん、もう衣替えはお済みですか?
2、3年前はすごくよく着ていたのに・・・今年は全然着なかったなぁ~という服、結構ありますよね?半年ごとに、何年も着ていない服を出したり、しまったり・・・。その労力も時間も本当にムダです!

最近は、オールシーズンの服が掛けられる大きなクローゼットをお持ちの方も多いです。衣替えは大変ですが、現在、持っている(抱え込んでいる)服を見直すチャンスでもあります。
衣替え時、『コレ、着るはず』と思って服を出しますよね?これからのシーズンに着る服を『着る、着ない』で判断することは、なかなか難しいものです。
逆に、しまう時『着た、着なかった』で判断するのはカンタンです。なぜなら・・・

《未来形》ではなく、事実である《過去形》だから

■『着た、着なかった』で分類
『着なかった服=不必要なモノ→捨てる、売る、あげる』ができて、すぐに手放すことができればいいのですが、なかなか思い切ることができない方も多いはず。
そこで、しまう時に『着た服』『着なかった服』で分類して、別々の収納ケースに入れて保管します。収納ケースには分かりやすく【着た服】【2018年夏に着なかった服】とラベリングします。
そして半年後、次の夏前には【着た服】だけを出します。こうすることで、クローゼットやタンスにしまう服の総数が減り、管理しやすくなります。着たい服がすぐに見つかる、コーディネートがしやすくなるメリットも。もし【着なかった服】から、また着たいと思われる服は、ぜひ救って着てあげて下さい。

■【着なかった服】はどうすればいいの?
ずっとそのまま保管し続けるのはオススメできません。保管するスペースも、もったいないですよね。保管は『放置』ではありません。『着ていない服は不必要なモノ』と認識して、不必要なモノは減らすことが整理の基本です。1年後はムリでも、2年でも3年後でも、自分のタイミングで構いません。手放しましょう。

【LIXILのものづくり】システムキッチン「リシェルSI」~キッチンクローゼット~
2018-10-07

インテリアとして空間に美しく収まりながら、使いやすさを高める工夫を凝らした大型収納、それが「キッチンクローゼット」です。
全体が見渡しやすく、少ない動きで必要な物をサッと取り出せるので、調理中の動作もスムーズにしてくれます。

■コーナークローゼット
キッチンや収納をL字型につないで、一体感のある美しいレイアウトを実現します。
ウォークインタイプなので出し入れしやすく、お掃除もラクに行えます。

■家電タワー
置き場所に困る家電製品を一ヵ所にまとめてしまえる、スタイリッシュな家電収納です。
普段はスイング扉を閉めて家電類を隠せるので、すっきりとしたキッチンになります。

■システム収納
キャビネットを自由自在に組み合わせて、住まいと暮らしにフィットする収納がつくれます。
リシェルSIのシステム収納は、豊富なサイズのキャビネットを組み合わせて、
設置スペースの広さや高さにぴったりの収納ユニットを完成できます。
また、収納の使い方やしまいたい物に応じた機能のキャビネットに変更することができます。

【LIXILのものづくり】システムキッチン「リシェルSI」~らくパッと収納~
2018-10-04

調理する人の動線に沿って道具が取り出せる、らくパッと収納。
扉が斜めに傾く動きを利用して、引き出しを開けるために必要な力を約30%軽減しました。
取っ手にも工夫がしてあるため、お年寄りの方やお子様にも負担なく開閉できるようになっています。
ワイドに開くので中が見渡しやすく、取り出しやすい収納です。

■パッとポケット
お玉やフライ返しなどよく使う調理器具を立てて収納できるようになっています。
扉を傾けるだけで中が見渡せ、そのままの姿勢でラクに取り出せます。

■パッとシェルフ
無駄になりがちな引き出し上部のスペースが便利な収納になりました。
手が届きやすい高さなので、よく使うバット・計量カップ・ボウルなどの収納におすすめです。

■パッとストッカー
調理のはじめにまとめて取り出す大きめの調理器具や食材の収納スペース。
奥行きいっぱいまで収納できるロングスライド引出しで収納量もたっぷり確保しました。

LIXILリフォームショップマツケンESTINA 松江・出雲リノベ不動産|MATSUKEN
ホーム | お知らせ | 施工事例 | 会社案内 | ブログ | お問合わせ | リンク | プライバシーポリシー

有限会社 マツケン 〒690-0823 島根県松江市西川津町3186 TEL:0852-61-1128 FAX:0852-61-1127

先頭へ